事例

事業部閉鎖危機からの業績V字回復

機器メーカー(3,000名規模)

背景・課題
◆主力事業の業績が低迷
◆社内はリストラにより士気が低下
そのような状況下で復活のための戦略を実行する組織を創ることがテーマ
実行施策
◆管理職以上を階層ごとに集め、自分たちの存在理由と戦略を徹底的に掘り下げた
◆顧客を軸として戦略を見直し、本部と営業の関係性やエリア戦略を再設定した
◆新戦略を各拠点に落とし込み、戦略実行のためのチームも結成
組織の変化・成果
◆事業部が一丸となったことで売上は見事V字回復
◆事業の存続も決定

課題の背景

主力事業部の業績が低迷し、撤退するかどうかの瀬戸際まで追い込まれていた。新トップのもと、復活のための戦略を実行する組織をどのように創るかがテーマだったが、何度ものリストラで仲間を失ってきた社員の気持ちは荒れ、無力感さえ漂っていた。

CCIによる実行施策

管理職以上を階層ごとに全員集め、数日間にわたり徹底的に自分たちの存在理由と戦略を掘り下げていくコンサルテーションを実施した。その結果、自分たちの達成感の源泉は顧客にこそあるという気付きが生まれ、本部と営業の関係性やエリア戦略等について顧客を軸とした再設定がなされた。拠点毎に新戦略を落としこむと共にクロスファンクショナルチームも結成。新戦略実行のPDCAに横串も通していった。

施策による成果

業界他社の売上が大きく前年を落とす中で、見事V時回復を果たし、事業の存続も決定した。

CCIではコンサルテーション実例と組織開発の理論を基にご自身の組織を見直すワークショップを開催しています。
社内組織に悩まれている経営幹部の皆さま、弊社コンサルタントとお話ししてみませんか。