新規事業創出プロジェクト

社会環境の変化により、急激なパラダイムシフトが起こっている昨今。環境変化に追いつかず、既存の事業だけでは収益が落ち込み立ち行かなくなってしまっている。そんな待ったなしの状況のお客様からのご相談が増えています。
こちらは、新しいことを始めなければならないがどのように進めて良いかわからない。もしくは立ち上げたがうまく運用ができないという企業様に向けたプログラムです。
新事業を始めるにあたって、うまく運用できないのには社内で暗黙の抵抗感があったり、変化を嫌う組織風土など、様々な要因が考えられます。私たちは根本的な要因を洗い出し、プロジェクトチームはもちろん、会社全体が一丸となって創出を行える組織にできるよう援助してまいります。

よくある課題

  • 新規事業をどのように推進したらよいかわからない
  • 新規事業のプロジェクトを立ち上げたがうまく運用できず成果に繋がらない
  • 全社一丸となって新事業創出を行いたい

プログラムの一例

  • 1現状診断のための個別ヒアリング
  • 2事業部門幹部に対するヒアリングフィードバックミーティング
  • 3プロジェクトメンバーによる戦略策定ミーティング
  • 4階層別戦略構築スキル研修
  • 5部門横断型での事業創出チームの活動援助

プロジェクトメンバーによる戦略策定ミーティング

  • 答えの無い時代の戦略を作るには、外部環境の現象・事象についてはできる限り数多くフラットに出す必要があります。それぞれの現象・事象を「機会」と見るか「脅威」と見るかは、組織ビジョンから落とし込み、プロジェクトメンバー自身の意志で決めます。
  • 新規事業を行う上で対峙すべきテーマであるその問題を存在させ続ける「本質的問題」をメンバー全員の力で究明します。
  • その他「戦略実行のステップの明確化」「不測事態の洗い出し」「戦略実行のための自分たちの風土や規範の洗い出し」など戦略遂行に必要な全ての課題を自分たちで考えぬき、合意形成していただきます。
  • 最終的には「プロジェクトメンバーのやるべきこと」「経営幹部に期待すること」を明確にして経営幹部へプレゼンテーションしていただきます。
  • ミーティングにおいて私たちは「ファシリテーター役」となり、プロジェクトメンバー内で起こる葛藤や問題を解決に導くため援助いたします。
    なぜならば、プロジェクトメンバーが自らが考え合意形成するそのプロセス自体が、最も重要だからです。

実施プログラムについてご質問やご相談等ございましたら
下記にてご連絡くださいませ。