• Posted 19.03.27

心理的安全性が戦略の実行力と納得力を上げる

~そのための第一歩は経営層及び幹部間に心理的安全性を作ること~

企業経営においては、成果を強く求められる一方で、厳しいコストダウンや働き方改革による稼働低下という二律背反する経営課題が突き付けられています。

そうした現状を打開するには、今迄とはレベルの違うリスクテイクや部門連携が必要です。しかし、それは単なる仕組みの変更や精神論で実現できるものではなく、心理的安全性の中で主観をぶつけ合い全体最適を握り合うことが必要です。

心理的安全性とは単なる仲良し組織ではありません。本セミナーでは、弊社が32年間、組織開発の第一線で変革の支援をしてきた実績から「本気の部門連係」を経営に創り出す事例と論理的背景をお伝えいたします。

開催概要

日時:2019年7月23日(火)  15:00~18:00(開場14:45)18:30より懇親会

会場:グランパークカンファレンス302東京都港区芝浦3丁目4−1 田町グランパークプラザ棟3階  JR田町駅(徒歩5分) 地下鉄都営浅草線・三田線 三田駅(徒歩7分)
(https://www.granpark.jp/access/)  

定員:30名
参加費:セミナー&懇親会 30,000円 (消費税込み)同一企業様より複数名が同時にお申込みいただきますと以下のように割り引かせていただきます。   2名様の場合、合計60,000円⇒ 50,000円。 3名様の場合、合計90,000円⇒ 66,000円 

プログラム

1、組織開発による戦略成果実現の事例紹介
コストダウンに悩む某企業において、経営幹部の間に心理的安全性を創り上げることで、本音で主観をぶつけ合い、これまで考え付かなかった部門連係による解決策が実行されたケースをお話します。

2、CCIのアプローチによる心理的安全性の理論的背景
事例を踏まえて、通常の組織において本質的討議を実現させられない心理的メカニズムや、それを打破するための具体的な働きかけの論理的背景をご説明します。

3、ありたい組織像を実現するための問題の整理
事例と理論的背景をふまえて、ご参加いただいた皆様自身で、自組織で心理的安全性を生み出すことで解決していきたい根深い問題を整理していきます。

講師

大島岳プロフィール


(株)シー・シー・アイ代表取締役会長。1986年に株式会社シー・シー・アイを設立。独自の研究活動を行い企業や公共団体の経営活動・組織運営・文化戦略のあり方などをテーマとして、コンサルティング・教育・講演・情報サービス、調査などを行っている。ODネットワークジャパン理事/事務局長。

平尾貴治プロフィール


(株)シー・シー・アイ代表取締役社長。2000年に大手流通企業にて経営破たんを体験し「戦略や意識だけではどうにもならない組織の本質」を感じる。多くの企業に対し「健全な危機感を持ち本音で話し合う組織と、犠牲者感のない社会創り」に取り組んでいる。2018年4月社長就任。

参加お申込み

※満席になり次第、入場をお断りする場合がございますので予めご了承ください。なお、本研究会は、組織内部で組織開発に携わっている方を対象としております。
下記の右側をスクロールしていただくと、申込みフォームが出てきますのでそちらから入力をお願いしたします。
不明点があれば、info@cci-od.jpまでお問い合わせください。