• Posted 18.08.30

人事実務2018年9月号にコンサルタント平尾の対談記事が掲載されました。

「特別対談 LGBTへの取組みと組織開発」というタイトルで、
LGBTコンサルタントで㈱トロワ・クルール代表取締役の増原裕子様と対談させていただきました。

特に、 人事ご担当者・経営層・幹部の方々に対して、LGBTを取り巻く環境を知っていただき、ダイバーシティ&インクルージョンを「単なる正論」で終わらせないためにどうするかを、考えていただくことが目的です。
現在一緒にLGBT支援活動を行っている両者から、当事者の切実感のある事例や、多様性を活かした職場がなぜ戦略成果と結びつくか、などについて対談いたしました。

人事実務 2018年9月号

対談させていただいた平尾です。

今回の対談は、「組織にダイバーシティー&インクルージョンを浸透させる本当の意味」を考えたものです。

どの企業も外部環境変化の中で、新規事業開発だ、イノベーションだ、と発信されていますが、そもそも「個人が個人として自分らしさを発信してよいという心理的安全性」のない職場で新しいものが開発できるわけもありません。

LGBTをはじめとして、全ての社員の方が「犠牲者感」を持たない会社がひとつでも多く誕生するように心から祈っております。