• Posted 18.09.17

リスクマネジメントに関わる調査・研究及び内部者・外部者への人材育成や認定事業をなさっている特定非営利活動法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会(RMCA)の『リスクマネジメントジャーナル』に対談形式で出させていただきました。

RMCAでは動画発信サイトのRCMAチャンネルの中で、特に時事問題にテーマを絞っての『リスクマネジメントジャーナル』という番組を発信されています。

その13回目となる今回、前後半に分けて『スルガ銀行、企業風土は変えられるか?』というテーマの対談に呼んでいただきました。

 

当日は、広報コンサルタントでありRMCA理事の石川慶子様と株式会社アイマム代表取締役社長の嶋谷光洋様との3人で、私の方からは特に組織風土の問題について、嶋谷様から営業チームにおけるプレッシャーについてお話をさせていただきました。

企業不祥事が起こる度に「組織風土の問題だ」という声が出ますが、そもそも組織風土というもの自体がわかりづらいものです。

 

この対談では、「そもそも組織風土とは何か」「なぜ組織風土は劣化するのか」「営業現場のプレッシャーの課題とは」「どのように組織を変えていくか」などについてお話しました。

相変わらずカメラの前でお話するのは慣れませんが(笑)、是非御自身の組織に当てはめながらご覧いただければ幸いです。

 

 

平尾貴治