コンサルタントブログ

新年のご挨拶

2020.01.07ニュース / ブログ

平尾 貴治
新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。

2020年、オリンピックイヤーが始まりました。
本年はオリンピック以外にも、大統領選をにらんだ米中の動き、英国のEU離脱期限の問題、同一労働同一賃金運用開始、働き方改革関連法の中小企業への適用開始、パワーハラスメント禁止の法律施行、など様々な変化が我々を取り囲みます。

そんな中で、多くの企業が今までとは違う事業領域に踏み出し、課題優先順位を書き換えながら、戦略をやり切る組織構造と組織文化を抜本的に作り変えることに取り組まれるのが今年という年ではないでしょうか。

この大変化の中で、「組織開発(OD:Organization Development)」という概念も大きく変化せざるを得ません。
かつては、ともすると「対話」の心地良さに焦点が当たりがちだったものが、「今までに見たことのない景色の中でのビジョンと戦略の共有と、それを実現するためのリスクテイクと主観の相違のぶつけ合いと統合(関主観)」という局面になっていると考えます。
正に「確信」をデザインすることこそが、これからの組織開発に求められるものです。

本年の干支である、子年(ねずみどし)の「子」は、「新しい生命が種子の中に萌し始める状態」を表していると言われます。
後から振り返ったときに、「2020年は新しいスタートを生み出した年だった」と思えるよう、私共も精いっぱい頑張ってまいります。

皆様におかれましてもより実りの大きな1年でありますよう、心よりお祈りいたします。

令和二年 株式会社シー・シー・アイ
代表取締役会長 大島 岳
代表取締役社長 平尾 貴治

CCIではコンサルテーション実例と組織開発の理論を基にご自身の組織を見直すワークショップを開催しています。
社内組織に悩まれている経営幹部の皆さま、弊社コンサルタントとお話ししてみませんか。