• Posted 13.12.16

先月初旬、ODネットワークジャパンの組織開発体験講座へ参加致しました。

4泊5日という長期間の講座です。

入社半年と少しの私は、パッチワーク的ではありますが、まだわずかな組織開発の知識を手に、

山梨県清里へと向かいました。

 

組織開発の基礎を体験的に学べる場では、チェックイン、チェックアウト然り、

明示的規範、黙示的規範然り、ODマップ然り、普段見聞きする文言が、主体です。

講座の内容は、機密性上、詳細には申し上げられないのが残念ではありますが、

結論を申し上げますと、私はわずかな組織開発の知識を自信に、座学時は、よかったのですが、

さすがに「体験的に学べる場」です。

体験講座のワークの場で、“ 大ゴケ  ” を致しました。

私は、4泊5日のワークの場で、初日聞いたワーク内容の説明時に、

既に、そして勝手にゴールを一人描いておりました。

 

これが、“ 大ゴケ  ” のきっかけでした。

 

自分が勝手に描いたゴールを元に、自分の役割を決め、自チームの意見や感想を集約しきらずに、

本番へ臨み、他チームとのプレゼンテーションの場を迎えました。

 

自チームで合意が取り切れていないものを、

他チームの方々に提示したところで受け入れてくれるはずもなく、

強烈なフィードバックを頂いてプレゼンテーションは終了しました。

 

あの時の、挫折感、孤独感、徒労感すなわち、絶望感は、ちょっと言葉では言い表せないモノがあります。

機能しなかった場は、最後は今、ここで起こったプロセス自体の振り返りの場として、

苦しい学びの場として、活かしました。

 

当たり前のことを申し上げてしまうかもしれませんが、

人は、理論的には動きません。また理論だけでは、動いてくれません。

一辺倒の~~~だから、~~~して下さいでは、通じないことを、まさに体験的に感じ、学んで参りました。

私の場合は、自身の拙さですが、

企業でいえば、どんなにいい戦略、人事システム、組織構造があっても、そこを結び、

実行する人と結びつかないことには、成果がでにくく、出るにしてもスピード感が弱いために、

余分な時間を要することになります。

コミュニケーションのみにフォーカスしても、仲良しになるだけでは、企業側としては成果物とは言い難く、

やはり戦略にせよ、人事システム、組織構造にせよ、実行する人(ヒューマンプロセス)の

理解や主体性と結びつかないと、スピード感のあるより良い組織にはならないのだと感じています。

 

 

内田拓郎