• Posted 13.12.26

12月の弊社の恒例行事?!とも言えるのが、2泊3日の合宿ミーティング。

それぞれが別プロジェクトに入ってしまうと、なかなか全員で顔を合わせることが出来ないため、

じっくり時間をとってこの1年を振り返り、新たな年の計画を立てます。

先週、今年の合宿ミーティングを終え、想像通り心身ともにヘロヘロになって帰ってきました。

日ごろお客様に対して、「しっかり振り返りを行い、PDCAサイクルをまわすことが大事」と言っている以上、

自分たちも質の高い振り返りをしなければ・・・というプレッシャーがかかります。

 

私の思う「質の高い振り返り」とは、単に時間をかければよいわけではありません。

経験した出来事と、そのときの自分の心理状態、そして自分が属しているチーム(組織)のプロセスをあわせて振り返っていき、

乗り越えられた壁と、まだ立ちはだかる壁を自分の中にしっかりと意識していくこと・・・これが出来ないと、個人としても組織としても、次に向かうための策やエネルギーが生まれてこないと思うのです。

 

嬉しいことも、悲しいことも、悔しいことも、全てが自分自身に起こった「真実」であり、

そこから感じたものを次に活かさなくては、成長できない。

1年分書き留めた自分の心の動きを読みながら、子供のころ「日記を書きなさい」と口うるさく言っていた親の言葉を思い出しました。

あっという間に過ぎる毎日に、実は大きなドラマがたくさん詰まっている。

だからこそ、1日1日を大切に過ごし、感じたことを記していくことに価値があるのだと痛感しました。

 

2013年の自分を真正面からしっかり受け止めて、新たな1年を少しでも明るいものにしたい。。。

今年はこんな気持ちで、年の瀬を迎えています。

 

Sotoyama