• Posted 13.09.30

最近、いくつかの場面で“成長する”ということについて考えさせられました。
その中でも印象的だったのは、あるクライアント企業での新入社員の姿を見たとき。
新入社員研修時はまだ「右も左もわからない社会人なりたて」だった彼らが、

わずか半年足らずで、見違えるように逞しい表情に変わっていたことに驚いたのです。

これは職場によってかなり差が出る点だと思いますが、その企業は例年どの部署に配属されても、

新人がある程度責任のある仕事を任され、現場でもがきながら一人前になっていく…

というスタイルをとっているようです。

 

もちろん、やみくもに仕事を振るだけでは人は成長しないでしょう。

彼らの話を聞いてみると、「仕事を任されて何とか成果を出したいけど、うまくいかない」

「同じ仕事をしていても、先輩の仕事の質やスピードは比べ物にならないくらいスゴイ」

と、お客様や上司・先輩との関係性のなかで“感情”が動いていることがこちらに伝わってきました。

 

悔しい、自分がもどかしい・・・

“感情”が動くから、成長意欲も湧いてくる。

大切なのは、その感情を周りが受け止め、プラスの方向に導いてあげることなのではないか・・・。

そんなことを思いながら、私自身が若い彼らから刺激を受け、“感情”を動かされました。

彼らに負けず、どんな成長が出来るのか。

今年も残り3ヶ月をきろうとするタイミングで、良い刺激をいただけたことに感謝しています。

 

Sotoyama