• Posted 15.01.30

先日、とある異業種勉強会でファシリテータとしてODについてお話する場をいただきました。

出だしで、ODに対して持っている印象を参加者に質問したところ、「ODって怖く感じる」という素直な意見をいただきました。

 

確かに、いくら上の人が「戦略遂行のスピードを上げるため」とか「部門連携を実現するため」などと号令をかけても、現場で汗を流している人にとっては、「慣れ親しんだ仕事のやり方や環境が変わってしまう」というのは、とても面倒くさいし、できれば避けたいことでしょう。

私自身、サラリーマンだった時、組織変革や人事異動の季節は憂鬱だった思い出があります。

 

だけど、ODの世界では、「組織は生き物である」という言葉もあります。

生き物は、外部環境変化に合わせて内部環境を変化適応させて、はじめて生き延びることができます。

それができなければ、どれだけ強い生き物も必ず死んでしまいまいます。

 

経営にも組織のあり方にも正解はありません。

「経営は科学であり、アートでもある」と言われる所以です。

でも、正解がないからと変化することに恐怖を感じ、現状に留まれば先がないのも、また事実です。

 

改めて、そんな組織変革を勇気を持って進める人を、とことん応援していくと同時に、一方で、「できれば変わりたくない」という気持ちにもしっかり寄り添ってODを進めていきたいと考えた出来事でした。

 

平尾貴治