• Posted 17.04.23

4月13日(木)、東京商工会議所品川支部 様の主催にて、

「経営戦略をやり切る組織作りセミナー ~組織が本気になるメカニズムを実践的なワークから学ぶ~」

を開催させていただきました。

当日は、弊社コンサルタント平尾貴治が講師を務め、

下記のような流れで進行いたしました。

【セミナーの流れ】

1.不確実性の時代における戦略の考え方
2.戦略成果に結びつく意識と行動(グループワーク)
3.組織行動における「アクセル」と「ブレーキ」を考える
4.グループワークの振り返り
5.質疑応答

 

参加された理由としては

・いかに組織作りをしていくか考えたい
・今後の組織改革をどうするかに興味があった
・組織改善のヒントを見つけたかった
・会社の戦略をさらに良いものにするため
・経営戦略はあってもなかなか実行できない原因として組織作りがあるか否かを確かめるため
などがありました。

今回のセミナーでは、グループワークの体験から気付き、学んで頂く場面を中心にプログラムを組み立てて実施いたしました。

不確実で限定された情報の中で、目的を合意し、外部情報を分析し、決断においてはリスクテイクする、という実際の経営戦略そのままの
グループワークをやっていただく中で、初対面の方同士であったにもかかわらず、真剣にワークに取り組んで頂けたました。その結果3つのグループそれぞれ特徴が異なる動きが起こり、振り返りではその違いから様々な気付きを得ていただくことが出来ました。

 

 

ご参加頂いた方からの感想は下記になります。

・心的プロセスをどう顕在化し改善していくか?具体的にチャレンジしてみたい
・事例内容とワークが紐付いていて分かりやすかった
・現場の実態に合わせた納得の出来るセミナーであった
・内発的動機づけの連鎖する仕組みを作れそうだ
・メンタルな部分にも触れていたので、わかりやすかった

最後になりましたが、

参加者の皆さま、この度は大変ご多用の中、誠にありがとうございました。

また企画から会場設営までサポートしてくださいました東京商工会議所品川支部の皆様にも深く感謝いたします。

 

 

 

藤田 誠